親指の関節炎でわかったこと

b3e5799410ab78164dcbb12b556e5f6e_s
50代になってからなんとなく関節がこわばるようになりました。朝起きると手がこわばったり、体調によっては全身の関節がスムーズに動かないと感じることもありました。
そんなときにある朝、右手の痛みで目が覚めました。いつものように手をブラブラさせればこわばりが取れて元通りになると思っていたのですが...。いくら手をふってもこわばりは取れません。それどころかますます固まっていく感じです。特に右手の親指の付け根の関節が固く折れ曲がったまま動かなくなってしまいました。
それからが大変でした。キーボード、マウスの操作、ペンで字を書く、料理、食事、ドアノブを回す...今まで普通にしていたことがどれも困難になってしまいました。しかも私は右利きです。ありとあらゆる作業に右手の親指を使っている、ということが動かなくなってから改めてわかりました。
近所のクリニックで診てもらったのですが、専門医でなかったせいか血液検査などをして「特に異常はないのでこのまま様子をみましょう」というだけでした。しかしこわばりはますます強くなるし、とにかく生活が不便でやっていられません。
それからしばらくしてある人から関節の専門医を紹介してもらって、ようやく「関節炎」とわかって治療を受けることになりました。超音波検査をして問題がある部分の親指の付け根に注射をする治療方法でした。その結果ようやく親指が動くようになり、今まで通りのことができるようになりました。
やはりこのような症状は専門医を頼らないとダメなのだということがわかりました。クリニックで診てもらってから数か月も放置していたのですが、今考えるとすぐに専門医を探すべきでした。良い専門医を探せるネットサイトをもっと積極的に利用すればよかったのかもしれません。

ドーパミンを増やす

コメントを残す