カラオケダイエットで歌も上手に?

2016y09m17d_223759359あなたが、普段何気なく行っている「カラオケ」。これが立派なダイエットになるのです。
歌を歌うことは「スポーツと一緒」とよく言われます。たくさん歌ってカロリーを消費すれば、自ずと痩せてきます。

【初級編】
まず、以下のことを必ず守ってください。

①必ず立って歌いましょう。
座って歌うと上半身しか動かしませんが、立って歌うことで全身運動になります。

②お腹から声を出すように意識してみましょう。
お腹の筋肉を使い、お腹から声を出すのを「腹式呼吸」といい、歌を歌うときの基本になります。お腹の筋肉を使うので、カロリーをより消費し、お腹回りのシェイプアップにもなります。

③余分なものは食べない
食事の時間帯にカラオケに行くと、食事をとると思いますが、それ以外のおつまみやおやつ類は食べないようにします。
カラオケのおつまみは油で揚げたものが多く、消費した以上のカロリーを摂ってしまいます。

④飲み物はお茶等ノンカロリーなもの
これも③と同様で、お酒や糖分のあるソフトドリンクのカロリーは想像以上です。喉を潤すため飲料は必要ですが、ノンカロリーなものを選ぶようにしましょう。

【中級編】
これを実践せることで、ダイエット効果がさらに高まるだけでなく、歌の上達にも繋がってきます。

①歌うときに全身を動かして表現してみましょう
立って歌うのに慣れてきたら、次は全身を動かすことを意識してみます。例えば、左右に動いてリズムをとったり、強調したいワードのところで鋭く振りをつけるなどです。

②とにかくノリノリで歌ってみましょう。
慣れてきたら、とにかくノリノリで歌ってみましょう。その歌のアーティストの動きを参考にするなどできますが、そうでなくとも、歌の世界観に入りきって自分なりに全力で動いて歌を表現します。

おそらく汗ばむくらいになると思います。そして、この2つをやってみると、リズム感が付き、声にも自然と強弱がついてくるので、上手く聴こえるようになるはずです。

【上級編】
ここまでのことを実践すれば、ダイエット効果だけでなく、歌もうまくなります。そうすると、「もっと上手くなりたい!」と思いますよね。
そんな欲張りなあなたに、更なる歌の向上を目標に次のことをしてみましょう。

①腹筋
より鋭く、力強い腹式呼吸をするためです。寝た状態で足を少し上げ、お腹に力がかかったところで10秒間キープします。これを10回繰り返します。

②背筋
腹筋とのバランスを取るためです。
うつ伏せになり、上半身を少し持ち上げ、10秒間キープ。これを10回繰り返します。

③腕立て伏せ
胸や腕の筋肉を鍛え、振りなどの強化をします。
膝をついて四つん這いになり、腕を曲げて体が床につく直前で止め、10秒間キープします。これを10回繰り返します。

④ウォーキングまたはマラソン
全身の基礎体力づくりのためにおこないます。
ウォーキングの場合、いつもより1000歩だけ多く歩いてみます。

上級編は単なるトレーニングです。ただ、繰り返しますが「歌はスポーツ」。体力強化も重要なのです。
但し、毎日やる必要はなく、1日おきとか週に2回でもじゅうぶん効果があります。

私はこのやり方を自分であみだして実践した結果、8ヶ月で8kg(98kg→90kg)痩せることに成功しました。

「楽しみながら痩せられる」というとっつきやすいダイエット法だと思いますので、是非取り組んでみてください。

コンブチャクレンズでのダイエットはおすすめです。
コンブチャクレンズ最安値はコチラ

コメントを残す