「マンマ・ミーア!」。ABBAの楽曲が素晴らしい☆

hulu100

私がおすすめする映画は「マンマ・ミーア!」です。
2008年に公開されたミュージカル映画です。
私は劇団四季の「マンマ・ミーア!」のミュージカルが大好きで、何回でも観に行きたいぐらい大好きなので、この映画も観たくなって映画館に観に行きました。
有名なABBAの曲をベースにミュージカルが作られていて、本当に見事なぐらいに完全なミュージカルの曲になっています。
作品を観終わる頃にはABBAの曲っていいなあと思うことだろうと思います。
どれもこれも記憶に印象に残るような楽曲になっていると思います。
私は劇団四季の「マンマ・ミーア!」が、色んなミュージカルを見た中で一番好きと言っていいぐらい大好きなので、この楽曲が聴けるだけでも気分が上がってきます。
正直、映画としての出来上がりは、私の記憶だと劇団四季の舞台を超えられなかったように思いますが、楽曲のシーンは素晴らしかったと思います。
好きな楽曲は「Honey, Honey 」、「マネー、マネー、マネー」、「マンマ・ミーア」、「Chiquitita」、「ダンシング・クイーン」、「Lay All Your Love on Me」、「Super Trouper」、「Gimme! Gimme! Gimme! 」と、もう全部と言っていいくらい好きな曲だらけです。
ぜひ映画をみて、そして劇団四季のミュージカルの「マンマ・ミーア!」もぜひ観てもらいたいなと思います。

アニメ 見放題

アイアムアヒーロー

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

この「アイアムアヒーロー」という映画は、原作はマンガで、大泉洋さんが主演で、有村架純さんや長澤まさみさんなど、豪華な俳優さんが出演しています。内容としては、ゾキュンとよばれるゾンビのようなものが、ある日から日本中に溢れてしまい、そのゾキュンから生き残るために闘ったりしていく映画です。R15指定がされていて、少しグロテスクな部分が多いと思います。この映画にはスピンオフ作品もあり、dTVで放送されていました。そこでは、どこからゾキュンが生まれたのか、どこからゾキュンが広がったのかが描かれています。映画では、大泉洋さん演じる鈴木英雄が、マンガ家のアシスタントとしてつまらない日常を送っていたところ、恋人や職場の人がゾキュンに感染してしまい、そこからゾキュンを倒して生き残ろうとしていきます。逃げる途中で有村架純さんと出会い、一緒に逃げるのですが、有村架純さんも半分ゾキュンになってしまうなど、ドキドキする展開が非常に多いです。グロテスクが苦手な人には目を覆いたくなるシーンも多いかもしれませんが、内容的にはとても面白く、何よりもゾキュンの人たちが本当に怖いです。テンポもよく、見ていて飽きる瞬間がありません。終盤になるにつれて、鈴木英雄が強くなっていくのがわかるし、妙な爽快感もあります。続編を期待したくなる映画です。

ドラマ 見放題

ダイエットのために毎日していること

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

わたしはダイエットのために、毎日1万歩以上歩いています。今までは自転車を使って行動することが多かったのですが、健康とダイエットのために歩くことにしました。わたしはもともと歩くことが嫌いではないので全く苦痛になりませんでした。始めたばかりの頃はものすごく足が疲れてしまいました。しかし毎日続けているうちにら足も慣れてきて、痛くなることは無くなりました。今でも毎日続けていて、少しでも運動不足が治ればいいなぁと思っております。わたしは姿勢も悪く猫背なので、歩くときは姿勢も意識して歩くことを心がけています。前は自転車ばかりの行動でしたので、歩くことはそんなにありませんでした。しかし歩いて行動することで、自転車のときよりも健康にいいような気がします。
これからも歩く生活は続けて行きたいと考えております。実際に自転車ではなく歩くようにしたことでわたしはマイナス5キロを達成しました。今までがどれだけ運動不足てま自転車に頼った生活をしていたのか改めて知ることができました。これからの健康のためにも姿勢を直しながら歩き、運動不足解消のためにも、早歩きをしたいと思います。
普通に歩くよりも足に力が入るので効果が期待されます。毎日1万歩以上歩いて、あとマイナス3キロ達成できたらいいなぁと思いました。

脂肪燃焼スープ

max16011542_tp_v
ダイエットを目的に、脂肪燃焼スープを作ることになりました。
食べないダイエットは好きではないので、食べて痩せられると言うことで父に作ってもらったのですが、父が美味しくするためにコンソメを入れたり、お肉を入れたり、父の嫌いな野菜が入っていなかったりと、ダイエットになるのかしらと思うくらいふつーのスープが出来上がりました。脂肪燃焼スープは、ご褒美のように一日目はスープのみなのですが、次の日からスープと何か決められたものがセットになります。
日に日に物足りなくなり、ご褒美の方が量が多くなりました。
また、もともとお昼ご飯がコンビニのパンやおにぎりだったので、脂肪燃焼スープは毎食飲まなければならず、スープポットを用意しなければいけなくなり、効くか分からないスープを毎日持ち歩いてダイエットをするのがめんどくさくなりました。
父も同時に脂肪燃焼スープを始めていたのですが毎晩お酒を飲んでいて全くと言っていいほど効果は得られませんでした。
私も2.3日は頑張ることができたのですがその後はめんどくささと、スープの不味さで続けることができないのと、効果もえることができませんでした。
やっぱりダイエットには適度の運動と、適量のご飯をよく噛んで食べることだと気付かされました。

低反発素材の寝具

result_909249_14331350_210527_8506655
寝ても寝ても寝足りない、疲れが取れない、ひどい時はなおさら疲れてしまっている、という状態に悩んでいました。
熟睡出来ていないのだ、という事は自分でも分かりました。
通販番組で、安眠枕の紹介をしているのを見て、私の場合も、もしかしたら枕の高さや固さが、自分の後頭部や首に合っていないのではないか、と思うようになりました。
そこで、近くの量販店に行き、自分で寝やすい枕を探して、買ってくる事にしました。
低反発素材の、後頭部の当たる部分と、首の当たる部分の高さが違う枕を見つけました。
それを購入して、持ち帰り、早速それまで使っていた枕と入れ換えて使ってみました。
全然使い心地が違います。頭はずっしりとゆっくり沈む感じ。首はしっかり固定されるので、肩がこりません。
私は寝ながら横むきになるクセがあるようで、朝、目が覚めた時、肩がこったり、首を寝違えて回らなくなる事がありましたが、この枕に変えてからはそのような事がなくなりました。
また、熟睡出来るようになりましたので、起きた時の倦怠感や昼間の眠気もだいぶなくなりました。
低反発素材のマットレスも購入しましたので、今度は、腰や肩、腕などにかかる負担も軽減されるのではと、期待しています。

撲滅!いちご鼻

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
肌はだんだん年齢を重ねるごとに衰えてくるものですが、若い頃は肌も綺麗で何も気にしていませんでした。特に、化粧水も日焼け止めを塗らず気にせずな日々を送っていました。しかし、大学生くらいから、顔の毛穴が開きだしたのが気になっていました。特に鼻の毛穴詰まり、黒ずみが一番の悩みでした。色々ネットや雑誌で見たりして試しました。まずは、先端に輪っかのような金具でできた耳かきのようなやつで、小鼻の角質を押し出し取るというやつ。ちょうど1?円ショップに出始めていてので買って試しました。意外に痛く、ニュルッと小鼻の角質や汚れが取れるけど、想像以上に激痛で終わってみると鼻が真っ赤になっていました。逆にばい菌が入ってニキビになりそうでした。次に試したのは、卵の殻の内膜を取って鼻パックでした。鼻パックは薬局で買うと意外に高い。数枚入りで約400円ほどするので、コスパが悪い。そこでよく雑誌に書いてあった、節約家庭でできる美容法の鼻パック!!しかし、実際にやってみると、ヌルッとして乾くまでに時間もかかり、乾いて剥がしてみても意外に角質は取れず、取れるのはうぶ毛のみでした。そして卵独特の匂いがあるので、あまりオススメしません。

便秘に効くものとは

170960

便秘に悩んで29年。
初めて深刻だと思った時は産婦人科で便秘で悩んでいるので薬を出して欲しいと軽く相談した時のこと。「どれくらい出ていないの?」と聞かれ「だいたい1週間から2週間くらいです」と答えると表情が固まる看護師さん。
自分にとっては毎日出るものではないとなんとなく思っていたので衝撃でした。
それから漢方を処方され便秘は一時的に解消されました。
ですが薬に頼らず出るようにしたかったので様々な方法を探しました。きな粉牛乳、朝のスプーンに一杯のオリーブオイル、ゴボウ料理、海藻‥
本当に色々試し、市販の夜飲めば朝スッキリする飲料を試したりもしました。
これといって明らかな効果を実感できるものに出会えませんでした。
そこで、いつも立ち寄る本屋さんで必ずトイレに行くな、という事に気が付きそろそろ出したいなという頃に本屋さんで本を物色することにしました。
はじめはトイレの事を意識して便意はなかったのですがそのうち本に集中して探しているうちに、なんと便意が訪れたのです。ネットで調べた結果印刷物の臭いが影響しているとかいないとか。
その効果はわかりませんが「これをすればトイレに行きたくなる」儀式のようなものは案外大事なのかもしれません。
因みに最近はハチミツをスプーン一杯の飲んでいます。効果は割とあります。

すっぽん小町

安いマッサージ器をよく考えずに使うと関節を痛めます

2016y08m15d_134101421

元々マッサージは好きなので、温泉や健康ランドなどでマッサージをしてもらうことが多かったのですが、

仕事が忙しい頃になかなかそういうところに行けなかったため、家庭用マッサージ器を買うことを考えていました。そこそこ有名なブランドもののマッサージ器も検討していたのですが、うっかり店頭在庫処分のノーブランドの振動マッサージ器が売ってあったので体験もかねて買ってみました。

足裏の振動マッサージ器で、電源を入れて軽く足裏に置いておけばOKという商品で、毎日くらい使っていたのですが、そのうち膝に違和感が出てきました。

それでマッサージ器の使用はやめてそのまま生活していたのですが、徐々に違和感が増してきて、歩くのも少し痛みが出てきたので病院にいきました。

調べてもらうと軟骨がすり減っているとのことで痛み止めをもらうようになりました。

まぁ年齢もあるのですが、痛みを引き出してしまったのはそのマッサージ器だったのかなと今では思います。

マッサージ器は大体そういうときの免責事項が山ほど書いてあるし、歳の影響も大きいので仕方ないと思っています。

今はお医者さんからは痛み止めをもらいつつ、グルコサミンやMSMなどの関節関係のサプリメントを使って痛みを減らしていますが治るとまではいかないようです。

http://www.orifworld.com/

最近の体調についての悩みと心がけている事

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_s
健康についてはここ最近悩みはじめました。特に何かの病気になった訳ではないのですが、何だか毎日怠さが取れず、たまに立ちくらみがすることがあります。生理中などは頭痛などが強く出るようになりました。
昔は寝たら疲れもすぐとれて、生理痛などには悩まされなかったので余計です。
また、時々逆流性食道炎のような症状が続くこともあります。
このような症状を感じ始めたのが、仕事が変わり生活のリズムが乱れ始めてからです。夜遅くまで仕事があったり、休みがあまり取れないなど不規則な生活とそんな日々の疲労身体をなのかもしれません。
過去にも仕事を詰めてやっていたことがあり、その時は問題なかったのですが、仕事が終わった途端、気持ちが緩んだのか、急性胃腸炎を起こした事があります。せっかくの休みと久々のお出かけの日だったのでとてもショックだった事を覚えています。
ただこのような事が起こらないように気をつけて行っている事もあります。まず、食事。沢山食べるというよりはあまり食べ過ぎないようにする事です。睡眠時間も少なく、夜遅くに食事をする事も多いので、胃腸にかかる負担を少なくするように気をつけています。食べ過ぎて眠った日と軽めにして眠った日とでは翌日の目覚めや体調も変わってきます。ちょっとした心がけだけですが、しっかり続けていけたらと思います。

進化する枕を調べてみた件。

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s
寝具へのこだわり、こと枕へのこだわりは十人十色ですね。これでなければ眠れない!という究極の品を追い求めていく年月が経ったでしょうか。年齢とともに変わっていく身体に合わせて、枕も変えていくものでしょう。では、どうやって自分にぴったりあった枕を探すか、です。
かくいう私も未だに枕選びには四苦八苦しています。私の好みは、高めでかつ、硬く首が沈まないタイプ。さらに言えば、通気性がよいのでストロービーズの枕が好きです。ただ、なかなか売っていません。今の主流はポリエステルや羽毛や低反発素材。そば殻やストロービーズは根強い人気があるものの、アレルギーや身体への負担を言い分に衰退傾向にあるようですね。人気商品には枕の高さ、硬さを段階的に区別して販売されていて、ニーズに対応しようとする売り手側の意図が見えます。逆に原点回帰、懐古趣味ともいえる竹編み枕や畳枕なんかも夏場に見かけます。これらはお昼寝枕と銘打って、午睡にオススメされていますね。このジャンルは最近ではカイロを入れるポケットがついたものから、アロマを使った香りで癒される枕、音楽を聴きながら眠れるものまであります。これだけの広がりを見ると、日本人がどれだけ眠りにこだわりがあり、執念ともとれるニーズ対応の売り手側の意識の高さが伺えます。
ここまで書いておきながらなんですが、個人的にはお昼寝するとき、座布団を折っただけの枕の高さがジャストフィットして、遂に本命枕へ昇格したのも最近です。探し求めていたものは、案外身近なところに転がっているかもしれません。気になるものは全部試してみて、自分の好みを知ることも大切ですよ。

http://iifuton1.com/