安いマッサージ器をよく考えずに使うと関節を痛めます

2016y08m15d_134101421

元々マッサージは好きなので、温泉や健康ランドなどでマッサージをしてもらうことが多かったのですが、

仕事が忙しい頃になかなかそういうところに行けなかったため、家庭用マッサージ器を買うことを考えていました。そこそこ有名なブランドもののマッサージ器も検討していたのですが、うっかり店頭在庫処分のノーブランドの振動マッサージ器が売ってあったので体験もかねて買ってみました。

足裏の振動マッサージ器で、電源を入れて軽く足裏に置いておけばOKという商品で、毎日くらい使っていたのですが、そのうち膝に違和感が出てきました。

それでマッサージ器の使用はやめてそのまま生活していたのですが、徐々に違和感が増してきて、歩くのも少し痛みが出てきたので病院にいきました。

調べてもらうと軟骨がすり減っているとのことで痛み止めをもらうようになりました。

まぁ年齢もあるのですが、痛みを引き出してしまったのはそのマッサージ器だったのかなと今では思います。

マッサージ器は大体そういうときの免責事項が山ほど書いてあるし、歳の影響も大きいので仕方ないと思っています。

今はお医者さんからは痛み止めをもらいつつ、グルコサミンやMSMなどの関節関係のサプリメントを使って痛みを減らしていますが治るとまではいかないようです。

健康は常日頃からアキュエラなどを飲んで日々の努力で作るものなんだと思います。

huluの体験について

hulu100huluの無料サービスを利用したことがあります。
もともとはスマートフォンやタブレット端末またはパソコンで動画配信サービスを使ったときにどれだけのクオリティーで視聴することができるかのチェックのためにした。さらに、無料で利用できる期間と言うこともあり実際に試してみたわけです。

まず、率直な感想としてスマートフォンで移動しながらでもアニメやドラマが問題なく視聴できたのは満足度が高かったです。

 

また、途中で視聴を中断したあと、その時点から視聴を開始できるのは便利なサービスだと思いました。実際に他の動画配信サービスを利用したことがなかったので動画の本数や強いジャンルなどはわかりませんが平成初期あたりのアニメは非常にラインナップが充実していると思いました。もちろんその時代のアニメとなれば、もちろんその時代のアニメとなれば、そもそも下の画質が低いので10インチのタブレットや15インチのパソコンで視聴しようとすれば少し画質に荒さを感じます。

無料期間後毎月980円で実際に会員になりましたが、出かけの際など家族みんなで楽しむことができています。料金もこの程度なのでコストから見た満足度は十分に得られると思っています。

つらいむくみから解消されたいなら!

立ちながら仕事をしているので、
家に帰ってくるとが足がパンパンになっていることが多いです。

特にふくらはぎが腫れやすい気がします。

冬場にブーツを履くとき、チャックがしまりにくいことがあって
足がむくんでいることに気づきます。

腫れた足を見ていると、血行の流れが悪くなったりして
足が太くなるんじゃないかと心配になったりします。

夜、オイルを塗ってマッサージをしています。
特にふくらはぎを念入りにもみほぐすようにしています。

ふくらはぎの肉をつかんで、内側から外側へとねじります。
次にリンパや血液が綺麗に流れるように、足首から上に向かってやさしくマッサージします。

最後に軽く足全体をげんこつでポンポンとたたいて終わりです。

ベッドの足元にクッションを置いて、足を少し高くして眠るようにしています。
朝起きると、むくみがなくなっているし身体も楽になっているような気がします。

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s

休日は時間があるので、エクササイズやヨガをやって
普段から足や身体の健康状態を整えるようにしています。

はじめの数ヶ月はマッサージをしたり、運動をしていても効果があるのか
無いのかがいまいち分かりませんでした。

しかし、1年、2年と長く続けているうちにむくみにくいいつでも
引き締まった足を保てるようになってきたと感じています。

たった数日で劇的な効果をもたらす物は無いと思うので、
日々の生活で努力していくことが大事なんだと思いました。

また、外側だけじゃなく内面から働きかけるサプリなどを

併用するのも有効的なんじゃないでしょうか?

今 話題のサプリメントはコレ

アウトドアから普段使いまで重たい荷物を楽々運搬できるアウトドアワゴン

638_2

2015年、発売と同時にどの販売店も在庫切れ&入荷待ちになったコールマンのアウトドアワゴン。

今年もシーズン前からすでに入荷待ちの販売店も出てきるくらいの人気ぶりです。

その人気の理由はやはり使い勝手の良さとブランド力にあるのではないでしょうか。

というわけでコールマンアウトドアワゴンの特徴を他社製と比べてみました。

今回は楽天でも人気のドッペルギャンガーフォールディングキャリーワゴンと比較します。

おやおや?!比較した結果意外な結果に!

荷台のサイズ

コールマン     約W880×D420×H310mm 約115L
ドッペルギャンガー 約W910×D510×H330mm 約150L

荷物を積み込むスペースはあまり差はありません。
しかし荷物を入れる容量はドッペルギャンガーの方が大きいですね。

最大積載量

コールマン      約100kg
ドッペルギャンガー  約100kg

こちらは同じ。

本体の重量

コールマン      約11.0kg
ドッペルギャンガー  約12.5kg

サイズに差がある分コールマンの方が軽いですね。

サイズ・カラーバリエーション

コールマン      基本1色(期間限定のカラーなどはちらほら)
ドッペルギャンガー  基本4色(自分だけのカラーバリエーションも選べる)
※公式サイトのみ?

コールマンは『コールマンといえば赤でしょ!』って感じの赤が基本色。
ドッペルギャンガーはツートンカラーの4色から選べます。

さらにドッペルギャンガーには水辺での使用で重宝しそうなメッシュタイプもあります。

価格

コールマン      12,744円(税込み)
ドッペルギャンガー  19,656円(税込み)
23,112円(税込み)

ドッペルギャンガー製たけっ!(汗

サイズも大きいし容量も大きいからコールマンより良さげな感じを受けていましたが
ここでこの価格差はデカイか?!

まとめ

638_2

あれ?なんか比較してみるとドッペルギャンガー製の方がいいのか?!と思ってしまいましたが価格を考えるとちょっと怯みますね。

サイズの差は多少あるものの、必要十分な容量をもち価格も手頃、しかもコールマンというブランドがあるので個人的にはコールマン製を選んでしまいそうです。

ただ冒頭でも述べたように、コールマンのアウトドアワゴンはすでに入荷待ちの販売店も出てきているので今シーズンは手に入れたい!と検討されている方はお早めに決断しましょうね♪